コラム・ブログ一覧

緊急告知!!

【7月より台湾保険が変わります】

世界有数の貯蓄メリットを誇っていた台湾保険が、2020年7月より変わってしまいます。
良くなるのか? 悪くなるのか? と問われると求められる内容によって異なりますが、少なくとも貯蓄目的の方にとってはそのメリットは減少してしまいます
死亡保険を目的にするのであれば、もしかするとプラスかもしれません。


日本人が加入する台湾保険は一般的に死亡保険がほとんど付加されないのが、他の国の保険にない特徴でした。しかし20207月からはある一定割合の死亡保険を付加することが決定付けされています。

死亡保険が付加されると言うことは、そこには死亡保険の為の保険料が必要です。この保険料が「お金を貯める」と言う意味では、余計なコストとなってしまいます。
死亡保険にかけるべく、保険料金が貯蓄に回るので、貯蓄効率が非常に良いのです。

現時点ではどれくらい貯蓄効率が落ちるかは分かりませんが、現在よりもスペックが落ちてしまうことは間違いありません。

はい、6月いっぱいまでのお申込であれば今の条件はそのまま継続します。
台湾のみならず、日本の保険も同じです。例えば日本の貯蓄型保険(年金保険や終身保険など)は1990年よりも以前は予定利率が4%以上あり非常に魅力的な内容でした。ところが年々、予定利率が落ちてしまい、2017年にはとうとう0.25%まで落ち込んでしまいました。過去に加入した条件は変わりません。台湾もそれと同じなんですね。

そんなことはありません、現在の内容よりは貯蓄目的での条件は落ちてしまいますが、それでも日本よりはるかに良いのは間違いありません。ただ、せっかく7月から内容が変わる事が分かっているのであれば、今の方が良いですよね?

いつ検討&申込するのか。。?

今ですよね


弊社『保険の家』『insurance 110』は世界に28拠点の来店型店舗や相談オフィスなどのサービス拠点を持っております。日本や海外の保険に熟知したスタッフが、各国の数多くある大手保険会社の中から、皆様のご要望にそった保険を日本語でご紹介させて頂いております。2009年のサービス開始以降、台湾を初めアジアだけでなく米国へも店舗展開をしております。お近くに日本人コミュニティーがない場合は、文化や言葉の壁もあり気軽な情報収集を困難に感じてらっしゃる方が多いと思います。できるだけ多くの皆様に『台湾の保険』の魅力を知って頂きたいという理念を元に、各種ご相談を承っております。お気軽にご相談下さい。

【日本へのご帰国をお考えの方へ】
ご帰国が既にお決まりのお客様は、できるだけ早めにご相談下さい。弊社では日に日に駆け込み相談が増えています。ご契約後多くの方がご帰国をされており、いろいろなお手続きのサポートをさせて頂いております。ご帰国後も安心してお任せ下さい。

【アフターフォローも万全】
お客様が日本へご帰国後も、弊社ではご加入時のお手続だけではなく、台湾と日本でアフターフォローを行わせて頂きますので、長期間の保険に加入される場合もご安心下さい。

関連記事

保険の豆知識

  1. これが台湾と日本の違いです。日本とは比較にならない差ですね。その違いを見ていきましょう。
  2. 【学資準備金の差に驚き】0歳の新生児が18歳の大学入学時に学資金として受け取る場合、...
  3. 【オンライン相談を開始しました】✅台...

最新投稿

Categories