台湾で個人年金

台湾と日本とは比較にならない差があります。
その違いを見ていきましょう。


35歳男性が90歳で亡くなった場合の保険料金と
65歳で解約した場合の解約返戻率の比較


驚きの違いではないでしょうか。35歳の例ですが、
60歳の方も増やす時間は十分あります。


【寝かせるだけで増える】
 ✅ 銀行に眠っている台湾元を貯蓄型保険に移し
    高い利率により寝かせるだけで増え続けます
 ✅ 寝かせる期間は2年以上からお選び頂けます
 ✅ 一括受取分割受取など選択の幅があります

【特徴】
 ✅ 満期がないため、受け取りはいつでも可能
 ✅ 受け取り金額の設定も自由
 ✅ 最低利回りが日本に比べると非常に高い
 ✅ 終身(一生涯)受取りなどもあり将来が安心

【仕組み】
お支払い頂いた保険料を原資に保険会社が運用し、予め決められた年齢(期間)になると、貯まったお金を受け取ることが出来ます。また、欲しい時に欲しい金額を受け取ることも可能です。
ポイントは『欲しい時に取り出せる自由度』です

【違いの理由は?】
同じ様な貯蓄型保険ですが、台湾と日本では予定利率(宣告利率)が大きく異なります。その違いは2020年の現在で概ね以下の通りです。
  日本:0.5%程度  台湾:3.0%程度
3%弱の違いですが、10年・20年と時間が経過すればするほど、その差は大きくなっていきます。
最大の特徴は『高利回りと受取額の多さ』です

【個人年金について】
公的年金とは別に、個人で退職後の資金を用意するための保険です。退職後の生活費や、公的年金だけでは足りない不足分を準備することができます。


  

【一括支払いで一括受取の場合】
35歳、45歳、55歳の方がそれぞれの金額を一定期間寝かせ、一括で受け取った場合の例になります。寝かせる(据え置く)期間は自由にお選び頂けます。据置期間は長いほど有利です。

今の日本は保険会社でも銀行でも、増やすことはほぼ出来ませんが、台湾では日本と大きく異なります。受け取り方法は一括以外に、一定期間受け取り・自由受け取り・生涯受け取り など様々な選択肢があります。

上記は概要です。ご希望に応じた設計と計画が可能ですので、詳細についてはご確認ください。
台湾在住中の今がチャンスです帰国が決まる前に早めのご相談をオススメいたします。


✅まだ間に合います
60歳(または50代)だから間に合わない…。そんな声も聞こえて来そうですが、そんなことは決してありません。65歳までの退職にはまだ5年もあります。当面はこれまで貯まったお金や退職金等を利用して、70歳や75歳まで時間を引き伸ばすことができれば、驚くほどの金額を受け取ることが可能です。
1,000万円を預けられて、70歳から18
年間に分けて受け取られた場合、以下の様なことが可能です。

✅70歳から毎年100万円を受取る場合
 70歳から毎年100万円を受け取られた場合は
 
88歳まで(18年間)受け取ることができます。
 88
歳までに合計1,800万円(100x18)の受取

  
弊社『保険の家』『insurance 110』は世界に28拠点の来店型店舗や相談オフィスなどのサービス拠点を持っております。日本や海外の保険を熟知したスタッフが、皆様のご要望にそった方法や保険を日本語でご紹介させて頂いております。2009年サービス開始以降、台湾だけでなく各国へ店舗展開をしております。できるだけ多くの皆様に『台湾の保険』の魅力を知って頂きたいという理念を元に、各種ご相談を承っております。お気軽にご相談下さい。

【アフターフォローも万全】
お客様が日本へご帰国後も、弊社ではご加入時の担当だけではなく、組織としてアフターフォローを行わせて頂きますので、長期間の保険に加入される場合もご安心下さい。