よくあるご質問

特に多いご質問

ご加入に関するご質問

特に多いご質問

台湾の保険会社って大丈夫なの?リスクは?

台湾の保険会社の格付けは一般的に日本の保険会社と同等かそれ以上で、格付けがA以上の世界的に信頼性の高い保険会社をご紹介しておりますのでご安心下さい。

台湾で生命保険に加入するメリットは?

日本に比べると台湾の貯蓄型生命保険の予定利率は非常に高く、日本にはないプランも多くあります。貯蓄を目的にされる場合は日本とは比べられない程、『増やすこと』が可能です。日本に帰国後もそのまま継続して、好きな時に受け取られることが可能です。
現行での予定利率は日本が0.25%で台湾が3.5%前後と大きく異なります。
以下は500万円を20年間預けた場合のそれぞれの結果です。
 ・20年後に500万円がいくらになるのか
  (便宜上日本円で表現しており、専門用語はそれぞれ異なりますので、統一しています)
   日本の保険利用:約  530万円
   台湾の保険利用:約1,000万円

今すでに加入している保険の相談も可能でしょうか?

もちろん可能です。
台湾で加入している保険も日本で既に加入している保険もどちらも熟知したスタッフがわかりやすく説明いたします。特に既にご加入中の日本の保険は内容を改善して金額を安くして、さらに効率よく貯蓄することが十分可能です。
日本の保険 :
 見直しにより「内容の充実&負担軽減」が可能

将来の貯蓄 :
 台湾で誰よりもどこよりも効率よく貯める

予定利率って何?

予定利率は、保険会社がご契約者に対してお約束する運用利回りです。基本的に予定利率が高いプランほど、保険料は安くなり、ご契約者様にとって条件のよい商品となります。ご自身の将来設計に沿った、最適なプランを選びましょう。
台湾は日本と異なり、予定利率と宣告利率という二つの言葉が存在します。

 

加入に関するご質問

健康診断など手続きが面倒ではないの?あまり中国語が得意ではないのですが…

いいえ、面倒ではありません。
基本的には書類診査のみとなりますので簡単にお申し込みが可能です。かなりの高額であったり、商品によっては非常に稀に健康診断がありますが、審査項目は一般的に、血圧検査・尿検査・問診ですので15分程度で完了いたします。

台湾市民や永住者ではなくても加入が出来るのですか?

はい、可能です。
それが、他の国にない台湾保険の最大の特徴でもあります。保険会社によって基準は異なりますが、台湾は他国と比べても非常に珍しく、台湾居住者向けと台湾非居住者向けの2種類があります。

帰国後も契約は継続できるの?アフターフォローは?

もちろん継続可能です。
台湾の生命保険は、日本の生命保険と同じようにいったん加入した後は国外にいても有効ですので、日本へ帰国後も保険を継続し、保険金や積立金を台湾や日本で受け取ることが出来ます。商品や保険会社によっては、台湾での受取となるものもあります。日本への帰国後やその他の国への赴任中に質問やご不安な点などございましたら、お気軽に各国の弊社相談窓口にお問い合わせください。