コラム・ブログ一覧

今後は円安? その仕組みとは?

今後は円高?円安?
明日・1年後・3年後の為替は誰にも分からない、とはよく言われることです。
また短期間の場合は想定外のことも、しばしばです。ところが長期間となると少々話は変わってきます。
決して私の主観ではなく、世の中の多くの経済学者は今後長い目で考えた場合、円安になると共通して言っています。

その理由は?

通貨(お金)の強さは,その国の体力(強さ)を表します
つまり
 国の力が強い=通貨(お金)が強い
 となります。

 日本の通貨は”円”ですが、日本の通貨が強い事は
  日本の通貨が高い=円高
 となります。

その逆は以下の通りです。
 国の力が弱い=通貨(お金)が弱い
 日本の通貨が弱い=安い=円安

日本の労働者人口は今後も減少していきます。
労働力は日本の国の力に影響するため、結果的に日本の力は弱くなっていきます。
GDPが第2位だった日本は2009年に中国に抜かれ今や、その中国の3分の1ほどにその差は広がっています。
一人当たりのGDPはシンガポールや香港に抜かれ近いうちに、韓国・台湾にも抜かれると言われています。
 今日(4/16)の新聞には2021年の「生産年齢人口」はなんと、58万人も減少したというニュースもありました。

つまり、日本の国力減退=通貨弱体⇨⇨円安
と長い目で見るとなってしまうのです。
そう考えると今現在、米ドルで運用すること自体は、まだまだチャンスなのかもしれませんね。

為替に振り回される必要がない理由(一括払の場合)
1)円安の可能性が非常に高い
1〜3年などの短期については分かりませんが、上述の通り長いスパンで考えると、円安の可能性が非常に高い。

2)為替に負けない利回り
例えば100万円を年利6%の金融商品に預けたとします。その場合20年目から21年目にかけて20万円も増えることになります。
たった1年で20万円(20%)も増えます。
単純計算で2年間では40%以上となります。
数年でそれほどの円高が考えられるでしょうか。

毎週3回行っている無料WEBセミナーでは台湾や海外を利用していかにお金を増やすかについて行っております。
是非ともご参加頂き、台湾を活用頂ければ幸いです。

開催日時と参加方法

下記のご都合の良い時間帯にご参加ください。
状況により開催されない週もございます。
所要時間:約50分

毎週水曜日 19:00
毎週木曜日 18:00 / 19:30
隔週土曜日 09:00 / 10:30

【参加方法(Zoom)】
Zoomとは、無料でセミナーに参加できるツールとなります。皆さまの声・お顔は参加者同士に開示されることはありませんので、お気軽にご参加下さい。

参加申込

開催3日前までにお申込みください
登録後に弊社から自動配信メールが必ず届きます。数分後も届かない場合は、再度ご登録下さい。
(迷惑メールボックス等もご確認下さい)


    ■ メールアドレス(必須)

    ■ お名前(漢字フルネーム)(必須)

    ■ 電話番号(必須)

    ■ ご希望の日時(開催3日前までにお申込みください)

    ■ お住まい
    北部(台北/新北/基隆/桃園 など)中部(新竹/台中 など)南部(台南/高雄 など)日本その他

     

    関連記事

    保険の豆知識

    1. 年々安くなる日本の保険は世界有数の安さ実は日本の保険が激しい価格競争の結果、毎年安くなっているこ...
    2. 共済保険って安いんですよね?お得なんですよね?これはよくある質問です。
    3. 年金の新常識 年金「大」改正の衝撃4月から年金のしくみが大きく変わりました。