コラム・ブログ一覧

学資保険を考える

台湾VS日本 学資保険の圧倒的差

日本で学資保険に加入しているから大丈夫。。
そう思っている方がほとんどではないでしょうか。
勿論準備をしていれば将来の安心にはつながりますが
本当にその方法で良いのでしょうか?



以下は日本の学資保険の代表的な内容です。
S生命で10年間に渡って毎月24,330円を
支払って、大学入学前に300万円を受け取るものです。


総支払額(292万円)に対して戻ってくる割合は
  102.7%です。
増えた金額は約8万円です。

これに対して台湾の場合は
月額保険料:毎月約19,800円です。
総支払額(238万円)に対して戻ってくる割合は
  126.3%となり
なんと増えた金額は約62万円です。
さらに大学4年間に毎年分割で受け取ると
320万円を受け取ることができ、
実に約82万円も増えることになります。
 ※円換算で表現
 
この20年間で大学の授業料は1215%、
塾の費用に至ってはこの15年間で約30%
アップしています。
日本の学資保険は18年で2.7%増えますが
たったそれだけでは全然追いつきませんね。
 
小学校に入学されていてもまだまだ対策はあります。
 
日本の保険も含めて、この機会にご相談ください。

 

関連記事

保険の豆知識

  1. 【台湾で始める資産運用】決して新型コロナウイルスの影響が落ち着いているわけではありま...
  2. 【医療(入院)保険は必要?】よく聞かれる質問ですが、結論からお伝えすると...
  3. 【絶対に近付かない貯蓄型保険】日本の貯蓄型保険は25年前から年々魅力がなくなっていますがここ...

最新投稿

Categories