コラム・ブログ一覧

台湾の貯蓄型保険の元本超えは世界最速!?

台湾貯蓄保険の元本超えは世界最速!

貯蓄型保険を考える上で、「いつ元本を超えるか?」は重要なポイントとなります。“元本を超える”と言うのはお金を預けて、何年経過した後に預けたお金の金額を超えるか、つまり100%を超えていくか?と言うことになります。

100%を超えるのは当たり前で当然のことと思われますが、日本・台湾・それ以外の国に関わらず、どんなに優れた貯蓄商品でも契約後すぐに解約をしてしまえば、必ず元本割れ(目減り)してしまいます。

しかし、ある一定期間を超えると、元本(100%=預けたお金)を超えて、それ以降は預けたお金が増えて行くと言うのが、貯蓄保険の仕組みです。
日本の貯蓄型保険の場合は11年〜16年程度で元本を超えていきます。

例えば、100万円を預けた場合、5年目に解約した場合は93万円しか戻りませんが、12年目の解約では100万円をもらうことが出来て、20年目に解約をした場合は115万円ぐらいをもらえるという仕組みです。


ものすごい違いですね。

もちろん元本を超える時期が早ければ早いほど、安心感があります。その理由はそれ以降いつ解約しても損をしないためです。逆に日本の場合は11年未満での解約は確実に損をしてしまいます。

以下は設計書の抜粋となりますが、2年経過時点で元本(100%)を超えています

以下は日本・アメリカ・香港・台湾の一般的な貯蓄保険が何年程度で元本(100%)を超えるかを表しています。

日本に比べると香港やアメリカも魅力的ではありますが、台湾の貯蓄型保険は圧倒的な安心感ではないでしょうか。

毎週3回行っている無料WEBセミナーではより具体的な内容とその違いについて解説しております。是非ともご参加頂き、台湾を活用頂ければ幸いです。

関連記事

保険の豆知識

  1. 年々安くなる日本の保険は世界有数の安さ実は日本の保険が激しい価格競争の結果、毎年安くなっているこ...
  2. 共済保険って安いんですよね?お得なんですよね?これはよくある質問です。
  3. 年金の新常識 年金「大」改正の衝撃4月から年金のしくみが大きく変わりました。