コラム・ブログ一覧

繰上げ返済はすべきか?

【日本の住宅の繰上返済はお得?】

 
ゼロ金利の今、やるべきではありません。
少なくとも私は絶対に繰上げ返済は行いません。
繰上げ返済の利点は以下の2つです。
 
✅ 本来支払うべき利息を抑える
✅ 支払期間を短くする
 
実際にどれほどお得か、いくつか例を見て見ましょう

3,000
万円で30年間ローンを組んだとします。
500万円を繰上げ返済した場合にどれほどの効果があるかを、現在と過去を比べて見ていきます。
 
<現在>
借入れ金利が0.38%だった場合月額88,187円となり
30年間で合計約3,175万円を支払います。
175万円の利息を30年間で支払うことになります。
細かい説明は割愛しますが、
もし500万円の繰上返済をした場合は64万円の得になります。
 
30年前>
当時の借入れ金利は5%程あり、当時の月額はなんと
161,046円となり合計約5,800万円を支払います。
2,800万円の利息を30年間で支払うことになります。
もし500万円の繰上返済をした場合は
1,239万円得だったことになります。
 
いかがでしょう?同じ3,000万円を借りて
その後500万円を繰上げ返済するのですが、
64万円なのか1,239万円得なのか全く異なります。
 
現在でも64万円得であれば、繰上げ返済をした方が
良いのでは?という声も聞こえて来そうですね。
 
もし、500万円を台湾の保険で運用された場合は
30年後には1,200万円ほどになり、
700万円の得となります。
いかがですか?
64万円700万円の得
   どちらが良いでしょう?
 
さらに住宅ローンには団体信用生命保険という強〜い味方がついていますので、万が一のことがあったとしてもローンの支払は無くなって現金は残るということになります。
繰上げ返済をしてしまった場合は途中で死亡しても
そのお金が戻ってくる様なことは絶対にありません。
 
住宅をお持ちの方も是非とも台湾の貯蓄保険を検討ください。

 

関連記事

保険の豆知識

  1. 【台湾で始める資産運用】決して新型コロナウイルスの影響が落ち着いているわけではありま...
  2. 【医療(入院)保険は必要?】よく聞かれる質問ですが、結論からお伝えすると...
  3. 【絶対に近付かない貯蓄型保険】日本の貯蓄型保険は25年前から年々魅力がなくなっていますがここ...

最新投稿

Categories