コラム・ブログ一覧

台湾と日本の貯蓄型保険の実例比較

【台湾と日本の実例比較

これまで何度も台湾の貯蓄型保険の優位性を伝えてきましたが
具体的に日本と台湾のそれぞれの設計書を使用して比較してみましょう。
台湾の場合は基本的に米ドル建てとなるため、条件を同じにする為
米ドル建てで比較してみます。
感覚的に理解しやすくするために日本円($1=100円)で表現します。

どちらも基本条件は同じです。
 契約年齢:35歳
 払込期間:10年
 年間払込保険料:約50万円

一覧表からもその違いは分かりますが、
その違いは以下の通りです。

元本到達年数(これ以降は損をしません)
 日本:16年
 台湾:9年(早い!)
20年後解約払戻率
 日本:108%
 台湾:137%(すごい!)
65歳時解約払戻率
 日本:129%
 台湾:180%(すごい!!)
85歳時死亡保険金額
 日本:1,000万円
 台湾:1,650万円(なぜ?!)

言葉の問題や帰国後のお金の受取や各種お手続きは
全て弊社がおこなっておりますので、ご相談頂ければ幸いです。
言語についてももちろん日本語対応となっております。

 
 

 

関連記事

保険の豆知識

  1. 台湾や日本にあるお金を活用したい駐在の方・現地採用の方・経営者の皆さんからよくあるご要望です...
  2. 今は米ドルの金融商品は購入しない方が良い?日本にあるお金を運用(活用)したい人達から、最近よく聞...
  3. 年々安くなる日本の保険は世界有数の安さ実は日本の保険が激しい価格競争の結果、毎年安くなっているこ...