コラム・ブログ一覧

ここまで無意味?!日本の貯蓄型保険

絶対に近付かない貯蓄型保険
日本の貯蓄型保険は25年前から年々魅力がなくなっていますが
ここまで来たかという状況です。
下記はある保険会社の貯蓄型保険の一例ですが、
40年も預けて戻ってくる割合は
なんと「101%」です。

つまり、たったの1%しか増えないのです


1,000万円を40年間も預けて、
たったの10万円。。心底驚きました。

完全に物価上昇に負けてしますので、
事実上マイナス(大損)となってしまいます。
一体誰が何のために加入するのでしょう。。

台湾の場合は40年で3倍近くになるので
もったいない限りです。

台湾には日本よりも大きく増える貯蓄型保険があり、
台湾にお住まいの方であればどなたでもお申込が可能です。

【特徴】
 ✅ 満期がないため、受け取りはいつでも可能
 ✅ 受け取り金額の設定も自由
 ✅ 最低利回りが日本に比べると非常に高い
 ✅ 終身(一生涯)受取りなどもあり将来が安心

 

 

関連記事

保険の豆知識

  1. 消費と浪費と投資の違いってなに?前回はお金を上手に貯める上で、『固定費』の扱いが重要であるこ...
  2. 1 )生活費で、最初に考えるのは「固定費」!海外で当たり前の生活スタイルが、...
  3. 【貯蓄保険を徹底比較】これまで、何度か台湾(海外)の貯蓄型保険が日本に比べると圧倒的...

Categories