コラム・ブログ一覧

台湾で効率よく お金を貯める!

【台湾で徹底的に増やして貯める】

日本の貯蓄型保険は残念なほど増えませんが、
台湾の貯蓄型保険は驚くほど増えていきます。
一般的に退職後や学資準備などの
貯蓄型保険は台湾の保険がはるかに有利です。

日本の貯蓄型保険はゼロ金利等の影響で
予定利率(高いほど有利)が非常に低く
学資保険などは支払金額よりも少ない金額が
満期金として戻ってくる保険も存在します。

台湾の貯蓄型保険に関しては、日本に比べると
より高い予定利率で推移しています。
この予定利率が貯蓄保険の良し悪しを決定して、
利率が高いほど有利と言えます。
※予定利率は会社や商品内容により異なります


また、日本では保険料を払い込む期間は
20年や30年と長期払いが一般的ですが、
台湾では逆に一括・3年・6年・10年など
払込期間が短い商品が一般的です。
感覚としては銀行の定期預金に近いイメージです。

※日本の保険に近い表現で記載しています。
 日本とは違い予定利率だけではなく、
 宣告利率など台湾独自の表現もありますので、
 詳細はご確認ください。

 

関連記事

保険の豆知識

  1. 年々安くなる日本の保険は世界有数の安さ実は日本の保険が激しい価格競争の結果、毎年安くなっているこ...
  2. 共済保険って安いんですよね?お得なんですよね?これはよくある質問です。
  3. 年金の新常識 年金「大」改正の衝撃4月から年金のしくみが大きく変わりました。