コラム・ブログ一覧

実は貯蓄注目が集まる台湾!?

【新たな貯蓄先の台湾】

日本では長引くゼロ金利で銀行に預けても、
貯蓄型保険に加入してもほとんど増えないため、
新たな貯蓄先として今注目されているのが
実は「台湾の貯蓄型保険」です。

会社によって若干異なりますが、
台湾の積立利率は3.5%程度となっています。
日本の一般的な保険の積立利率は0.25%ですから、
その違いは一目瞭然です。

台湾保険は満期がなく契約後も、長期保有で返戻金は
増え続けます。必要な時に必要な金額を引き出すこと
が可能で、お申込み手続きは、台湾にて行う必要が
ありますが簡単です。
下記は台湾と日本の保険の解約返戻率の比較です。

【台湾と日本の解約返戻率比較】

  台湾 日本
5年目 12.2%   ー0.3% 
10年目 34.0%  ー0.1% 
20年目 87.5%  0.3% 
25年目 112.5%  0.5% 

一括払いの貯蓄型保険で、
5年目/ 10年目/ 20年目/ 25年目に解約をした場合、
支払い総額に対してどれくらいの割合が
戻るかを表しています。
「%」が高いほど、多くのお金が戻ってきます。

例えば、一括で1000万円を支払い
25年目に解約した場合、
台湾の保険は1,125万円も増えていますが、
日本の保険はたった5万円しか増えていない…

ということになります。
10年目に台湾保険は340万円も増えていますが、
日本の保険は – (マイナス)ですので
元本割れしてしまっている状況です。

※イメージしやすく日本円で表現しています。
 また、積立利率・予定利率・宣告利率など
 表現方法が異なりますのである程度、
 表現方法を統一しております。

関連記事

保険の豆知識

  1. 【日本の保険でお金は増えるのか?】結論からお伝えすると、日本の貯蓄型保険でお金は増えません。
  2. 【7月 台湾保険が変わりました】世界有数の貯蓄メリットを誇っていた台湾保険が、2020年7月...
  3. 台湾の個人年金・積立保険は利率が非常に高く、効率よく貯蓄を増やすことが出来ます。

最新投稿

Categories