コラム・ブログ一覧

台湾で始める 学資積立

【お子様に将来必要な大学資金】

大学費用はいくら必要かご存知ですか?日本の公立大学の授業料は全国ほぼ一律で約240万円
ですが、私立大学は400〜550万円程です。さらに他県や遠方であれば、仕送りなども発生します。

お子様の学費を少しずつ貯めていこうと計画をされて
いる方にご紹介したいのが非常に効率よく『貯蓄』
できて、日本よりはるかに『利率』の高い
“台湾の積立型保険”です。

保険なので死亡保険も付加されており、
積立て途中に万が一・・の時にも、
大切なご家族の為にお金を残すことができます。

学資に限らず、効率の良い積立をお考えの方は、
少しでも早めに始めるだけで、
将来に大きな差が出てきます。
いつかは‥と思われている方は、
是非ともご検討下さい。

【台湾積立保険のメリット】
 支払保険料金は日本よりもはるかに『安い』
 受け取るお金は日本よりもはるかに『増える』

関連記事

保険の豆知識

  1. 【台湾と日本の実例比較】これまで何度も台湾の貯蓄型保険の優位性を伝えてきましたが...
  2. 【台湾で始める資産運用】決して新型コロナウイルスの影響が落ち着いているわけではありま...
  3. 【医療(入院)保険は必要?】よく聞かれる質問ですが、結論からお伝えすると...

Categories