コラム・ブログ一覧

台湾と日本の衝撃の違い

【台湾/日本の貯蓄型保険の違い】

これが台湾と日本の違いです。

かなり大袈裟に思えるかもしれませんが
これは現実です。


35歳男性が90歳で亡くなった場合に
1,000万円給付される保険に加入。

驚きの違いではないでしょうか。
これは、保険料総額については
1,000万円の生命保険を810万円で購入するのか
それとも160万円で購入するのか、を意味します。
 810万 ÷ 160万 ≒ 5分の1

また、仮に支払総額が1,000万円だった場合に
プラス98万円戻ってくるのか、それとも
プラス1,616万円が戻ってくるのかを表します。
 1,616万 ÷ 98万 = 約16.5倍

ここまでご覧になって頂くと、信じられないかも
しれませんが実は過去の日本にも今の台湾と
変わらず良い時代がありました。

1988年頃の日本の保険では、1,000万円の保険を
200万円弱で購入出来た時代もあったので驚きです。
これらは全て日本の保険用語では
予定利率というものに左右されます。
現在の台湾は3.5%ほどですが、日本では0.25%前後
のためこれだけの違いが出てしまっているのです。

因みに2020年より日本では予定利率が
0%の保険会社も出てきてしまいます。

関連記事

保険の豆知識

  1. 【最も重要な実質利回りという考え方】残念ながら貯蓄型保険に間違った認識をお持...
  2. 【日本の米ドル建て保険の魅力が急降下】これまで日本国内でも比較的魅力のあった、米ドル建ての貯蓄保...
  3. 【日本の保険でお金は増えるのか?】結論からお伝えすると、日本の貯蓄型保険でお金は増えません。

最新投稿

Categories