コラム・ブログ一覧

2,000万円問題って?

2,000万円問題とは??
<結論>概ね全然足りない

ちょうど1年前の20196月『老後2,000万円不足 問題』が
大きくメディアに取り上げられ、闇雲に将来について不安に感じた人も
多かったのではないでしょうか?

ただ気づいたら、過去の産物で2,000万円問題って何だっけ?
そんなのあった?という方も多いかも知れません。

とはいえ、このニュースから将来のことを考えるきっかけになった方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
今回は結局「足りるの?」「足りないの?」を検証します。

【「老後2,000万円不足」のモデルケースとは?】
この「老後2,000万円不足問題」が取り上げられるきっかけとなったのは、
20196月に金融庁から発表された金融審議会の報告書からでした。

この報告書では、「65歳、60歳」という、平均的な夫婦の老後が
モデルケースとして紹介されていました。
※まずこの段階でツッコミ所が満載ですが今回は伏せます。

前提としては、退職後の収入が年金だけという無職の夫婦。
どのくらいの金額かと言うと、この夫婦の収入は年金月額が21万円であり、
平均的な生活から割り出した『老後に必要な最低限度の生活費26.5万円/月』
をベースとして生活費を考えると、月に5.5万円が不足する計算になります。

ここから30年間で1,980万円の不足(5.5万円x12x30年)
これが、「老後2000万円不足」問題の根底となった考え方なのです。

【「現実」を考えましょう】
上記の生活費は「老後に必要な最低限度」の生活費です。
実際はここから健康保険や所得税やその他が差し引かれます。
また、物価上昇医療費負担の増大住宅修繕を考えた時に本当に
わずか26.5万円で足りるのでしょうか?
上記を考慮の上、35万円(手取りはもっと少ない)とします。
年収700万円だった家庭の65歳からの老齢年金は
夫婦合算で月額約20万円となります。
夫が先だった場合は月額約7万円となります。
※あくまで65歳からもらえた場合の話です

平均寿命は年々伸びているため、現在より少し長く
夫85歳・妻90歳まで存命だったとして、夫婦二人の
生活費は35万円ですが、夫がさきだった後の
妻一人の生活費は20万円とします。

合計生活費 :10,800万円
合計年金収入:  5,640万円
————————–
過不足合計額:  5,160万円

決してゆとりある生活ではないにもかかわらず、
若干の生活費を変えるだけで、2,000万円どころか
5,000万円も不足してしまう結果となりました。

実はこの2,000万円問題。
裏話は山の様にあるのですが、そこについては
オンラインセミナーや個別相談でお話いたします。

 

関連記事

保険の豆知識

  1. 【台湾で始める資産運用】決して新型コロナウイルスの影響が落ち着いているわけではありま...
  2. 【医療(入院)保険は必要?】よく聞かれる質問ですが、結論からお伝えすると...
  3. 【絶対に近付かない貯蓄型保険】日本の貯蓄型保険は25年前から年々魅力がなくなっていますがここ...

最新投稿

Categories